コンテンツは洗車機

大注目!お役立ち工事用品情報サイトの決定版!

工具箱に入れておくことにより何かと便利な工具&小物としましては、「カッターナイフ」「ビニールテープ」「スケール(巻尺)」「マジックペン」などがあります。

 

また自分が気づいた小物を入れておけば自分の使いやすい工具箱が完成します。
現在販売されている工具箱ですが色々な種類のものがあります。管理人の考えとしましてはやや大きめのプラスチック製の物がお勧めです。

 

あまりにも大きすぎたり金属製のものは車に積めなかったりしてしまいます。また積めたとしても積む時に傷をつけたりしてしまうからです。
なので工具箱は小さめのタイプでプラスチック製を選ぶようにしましょう。
もちろん工事の現場で働く人やメンテナンスを仕事としている人に関しましてはその限りではありません。


 

車のバッテリーメンテナンスの中でも電解液の管理は基本中の基本と言ってもいいでしょう。
現在主流になりつつあるメンテナンスフリーにつきましては必要ありませんが、電解液の液面が下がった状態で使用を続けてしまうと、やがて極板が露出してしまいます。

 

こんな状態になってしまい使用し続けてしまうと絶対的に化学反応を起こせる部位が少なくなってしまいます。
そして容量の小さいバッテリーを使用しているような状況になり充放電がかなり激しくなってしまうことでしょう。
最終的に劣化が劣化を呼んでしまいます。
更に使用を続けるとサルフェーションと呼ばれる電極板白化現象が発生します。

 

サルフェーションが発生してしまった極板化学反応を起こすことが出来なくなりそれからいくら充電をしても元に戻らなくなりますので交換をしなければいけなくなります。

 
コールセンター
コールセンター
http://www.sbibs.co.jp/




コンテンツは洗車機ブログ:04月20日
頭がい内出血…
突然襲いかかってきた病いは
僕達夫婦に絶望をもたらしました。

むすこがまだ生後10ヶ月の時でした。
奇跡的に一命はとりとめたものの、
病気が残していったものは大きいものでした。

「この子にはもう右の世界はありません」
「この子はもう障害児だから」
その言葉に僕は心まで凍りついた事を思い出します。

右半身マヒ、言語障害、けいれん発作…
将来歩く事も無理と言われ、
リハビリの連日、度重なる入院そして手術。

むすこの心にどんな影を落とすのか、
ただただ不安で笑顔を失くした僕がいました。

だけどむすこは泣かなかった。
むしろ笑っているんです。
いつもニコニコして幸せそうに笑うんです。
まるで僕の心が見えているかのように…

入院しても手術しても笑顔だけは失くさず、
「僕は病気したけど心は病んでないよ」
むすこを見ているとそんな風に感じます。

喋べる事も歩く事も無理だと言われていたむすこが
会話が出来るようになったのも、歩く事が出来るようになったのも、
医学の力だけではない、
むすこの心の強さのようなものを感じます。

昨日、いつものように病院へ行っていました。
その日の僕は体調が悪く、足取りも少し重かったと思います。

すると
「ママ、いつもゴメンネ。体質悪くて本当にゴメンネ」と言って
涙を流す姿がそこにありました。

ショックでした。
むすこに「体質が悪くてゴメンネ」と言わせてしまった事が
すごくショックでした。

それと同時に
「なんて優しく心がキレイなんだ」
と感じました。

僕は
こんなキレイな涙を流す息子を
育てさせてもらっているんだ…と
思い知らされました。

そして、
自分の息子ではあるけれど、
僕もこの息子に育ててもらっている…と
実感しました。

コンテンツは洗車機 モバイルはこちら